インプラント

失った歯の「外見と機能を再生」できるのがインプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分に人工歯根を植えてアゴの骨に固定し、人工の歯を装着する方法です。


近年では需要が高まりつつあり、より自然で快適な歯として利用されるようになっております。

全く自然な永久歯として活躍

インプラントは、失ってしまった「歯」と同様の機能を持つ歯です。顎骨と結合する素材でつくられているため、天然歯とほぼ同じ機能と感覚が回復します。


歯根が無くなってしまう旧来からの治療法を適用すると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、残った健康な歯が動いてしまう問題があったのですがインプラントは、このような問題も解決してくれるのです。

インプラントで自然な美しい笑顔を

昨今の生活習慣の変化やエステ等への関する認知が高まり、歯の美容にも大きな関心が集められるようになりました。失った歯は、機能的・審美的にも早く回復しなければ、生活のあらゆる場面でその影響が現れます。例えば…

「もっと自然に会話や食事が楽しみたい」
「見た目も天然の歯に近い歯がないだろうか?」

このようなお悩みの方にご案内したいのが、まさにインプラント治療なのです。

第二の永久歯と呼ばれ、入れ歯に代わる新しい歯として研究開発されており、世界中の多くの方に適用されている素晴らしい治療法です。

デメリットとしては、従来の歯科治療に比べ高度技術が必要なことが挙げられます。
ですから医師とよくご相談の上、治療を始める必要が生じます。
もちろん、もみじ歯科では、そんな悩みをお持ちの皆様にゆったりとした気持ちで、治療に足を運べる環境をご用意してお待ちしております。

歯移植

以前までは、不幸にも歯をむし歯・歯周病・事故などで失ってしまった場合、部分入れ歯や差し歯で治療するという方法が一般的でしたが、当院では自分の歯をすでに無くなってしまった場所に、植え換えることが出来るようになりました。

 

その歯が失われた場所に、自身の余っている歯(親知らずなど)を移植することです。

みなさんの歯には歯根膜というクッションがあるので、インプラントより自分の歯と同じような感覚で咬むことができます条件を満たせば、保険で治療ができます。(保存できない歯を抜いた日と、同じ日に親知らず や埋まっている歯を移植する)

抜いた歯の根と、移植する場所の骨の幅が合えば、基本的にどこでも移植は可能です。移植する場所に対して大き過ぎたり、小さ過ぎたりする場合は移植することはできませんので、事前に診査・診断が大切です。

歯移植の対象の方

・奥歯が1本欠損して(1本無くて)親知らずは残っている方
・1本インプラントを検討されている方
・大きな虫歯が奥歯にあり、抜歯しなくてはならない方、抜歯を検討されている方
・奥歯にヒビが入ったり、割れたりしている方
・その他、奥歯に痛みやうずきのある方(診断で状態を見てから)