一般歯科・口腔内科・口腔外科

虫歯治療

虫歯になる一歩手前では再石灰化という自然治癒に期待できますが、それ以降の虫歯では自然に治ってしまうということはありません。
基本的には虫歯を削り取り、その部分を詰めるというのが治療の流れとなります。
当医院では削り取る部分を最小限にとどめ、健全な部分を破壊しない治療を心掛けています。

 

歯周病治療

歯周病は全く自覚症状がなく進行してしまう病気です。
初めに歯の周辺の歯肉に炎症が起こり、赤くなったり腫れてしまったり出血しやすくなってしまいます。この時点で治療に取り掛かれれば健全な状態に回復します。

しかし上記のような症状・状態が長く続いてしまうと歯を支える骨が少しずつ溶けて無くなってしまうのです。しかも大きな症状が出る前にかなりの骨が溶けてしまうため、本人が気が付くころには歯がグラグラに・・・

こうなってしまっては健全な状態に回復するのは、ほぼ不可能に近いといえます。
歯周病の予防にはご家庭での歯磨きと、定期的な歯科医院への検診が最も重要です。

 

小児歯科

お子様の虫歯治療では、削って詰めるだけでなく歯磨き指導や食生活の指導、フッ素塗布など予防を中心とした治療を行なっております。

 

口腔外科手術

抜歯手術・歯根端切除・小帯切除術等種々の手術に対応いたします。

  • 親知らずの抜歯
  • 歯根のう胞等の顎骨のう胞摘出
  • 顎骨腫瘍摘出
  • 舌腫瘍(良性)摘出
  • 口唇粘液のう胞摘出
  • 唾石摘出
  • 歯牙脱臼
  • 歯槽骨骨折

※ほとんどの手術が保険適用になっています

有病者の方、歯科治療に恐怖を感じる方にも対応いたします。

笑気吸入鎮静法

歯の治療は、怖いから嫌だという人が多くいます。その、原因の一つで痛みの恐怖心があるからだそうです。その恐怖心をなくす為の方法として、笑気アナルゲチア(笑気吸入鎮静法)があります。

笑気とは、全身麻酔に使用される麻酔ガスの一種です。吸入鎮静法とは全身麻酔ではありません。

鼻マスクで笑気を吸入するだけの鎮静法で、歯科治療中の不安、不快を遠のけ、痛みを和らげる方法です。保険適応の治療法で、嘔吐反射の強い方や歯科恐怖症の方に安心して用いられています。

名前のとおり、なんとなく愉快な気分になります。痛みも、感じにくくなります。これから歯の治療をするというのに、ニコニコしだす方もいるようです。ガス自体には、少し甘い香りがあります。器具を付ける事さえ出来れば、嫌なニオイではないので、子供でも嫌がりません。

このような方に向いています。

1.歯の治療に不安感、恐怖心、不快感を抱いている方
2.治療に非協力的な子供(この場合かなりの効果が期待できます)
3.長時間の治療に対してストレスの大きい方
4.神経質な方
5.有病者(心疾患、高血圧、様々なショック既往歴を持つ方)など、治療中のストレスを軽減すべき方

静脈内鎮静法

インプラントや親知らずの抜歯など、手術が必要な治療に対しては、恐怖心が強くなってしまいます。

静脈内鎮静法とは、点滴から少しずつリラックス効果のある薬を入れ、不安や恐怖心を感じずに、治療を行います。

全身麻酔と違い、意識はあるのですが、健忘効果(けんぼうこうか)があるので、治療中のことを忘れてしまうことがあります。「口を開けてください」と言われたら、口を開けたりして、 治療時間も30分ぐらいはかかっているのですが、静脈内鎮静法の健忘効果のため、 時間が短く感じ、治療中の出来事を忘れてしまっているのです。
静脈内鎮静法の後、10分ぐらいは診療代の上で、じっとしている必要がありますが、 その後、普通に歩いて帰れます。(車の運転はNGです)

麻酔(=痛みを取る)効果はないので、局所麻酔と併用して治療を進めます。

※静脈内鎮静法は、一部保険適用が可能です。ただし、保険には細かいルールがあるため、必ずしも適用できるとは限りません。短期集中治療を希望される場合など、状況によっては自費になる場合があります。

静脈内鎮静法・麻酔法の特徴

・健忘効果があるので、治療中の記憶がほとんど残りません。
・眠くはなりますが、呼吸も出来ますし、意識もあります。
・不安感やストレスが和らぎます。
・不快な嘔吐反射(からえづき)を和らげます。
・痛みを感じにくくなります。
・回復までに少し時間がかかりますので、通常の状態に戻るまでは当院でお休みいただきます。